旅行レポート
今まで催行してきたアドベンチャー的な旅行のレポートです。国内や海外で見たこと、聞いたこと、出あった事、感じた事をつづっています。
プロフィール

ヒシダスポーツ観光株式会社

Author:ヒシダスポーツ観光株式会社
京都発信で、「サイクリング」や「スキー」「乗馬トレッキング」など色々な楽しいアドベンチャー的な旅行を企画催行しています。このブログでは今まで印象に残った出来事や場所をを紹介しています。興味を抱かれた方は是非下記のアドレスから覗いて見てください。
http://www.hs-tours.co.jp



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ サイクルーズツアー2010
ドイツサイクルーズツアー2010ドイツのクルーズ船FLUVIUS
素晴らしい景観の「ネッカー河」を行く我等のFLUVIUS号
以前、オランダのサイクルーズで船で寝泊りしながらのサイクリングの楽しさ&楽さに味をしめた一行は、今回はドイツのサイクルーズを見つけ、8月27日から9月5日の10日間の日程で行ってまいりました。
オランダでは、貸切船だったために好きに振舞えましたが、ドイツでは大き目の船に36人の乗客。そのうち日本人は我々12名だけ。他はドイツ人や英国人にスイス人と多国籍な陣容。そんな中で我々日本人チームは「お行儀良く」していられたのかどうか?
ビールの本場
今回のクルーズ船の名前は「FLUVIUS号」。全長70mとオランダの船に比べてかなり大きい。客室は19室で収容客数はオランダの船と大差ないが、各客室にトイレ&シャワーが備わっており、食堂やサロンなんかも広くゆとりを感じさせる。
コースはKOBLENZからBINGEN迄船で移動し、そこからはMAINZ~NIERSTEIN~WORMS~HEIDELBERG~EBERBACH~BADWIMPFENと言ったライン川からネッカー川沿いを走るルートです。
ダニエルと呼ぶ米国系ドイツ人がみんなを先導してくれます。時にはガイドもしてくれるんですが、ドイツ語と英語しか話せないのになぜか理解できます。
他の参加者たちとは早々に打ち解けることが出来ました。すべては歌のお陰でしょう。船で移動中に有名な「ローレライ」を通過するとき、ドイツ人達が船内に流された「ローレライ」の曲に合わせてそれとはなしに合唱を始めたんですが、歌い終わると同時に我々日本人チームも日本語で合唱し始めたんです。それはもう拍手喝采で、それからは事あるごとにみんなで歌を歌うようになりました。英国人ファミリーの4人を除くと他の乗客はほぼ全員が60歳代以上でしょう。日本人も年代的に小学校で習った曲ばかり。その殆どがドイツ民謡・英国民謡・スイス民謡と言ったものばかりで、本当に歌の偉大さを痛感しました。
デライラを歌っている
飲んでは歌い食べては歌い走っては歌いの毎日で、本当に充実した10日間でした。
サイクリングでは、1日の走行は大体30~50km程度。坂は後半の「ネッカー川」沿いで少々あった程度であとは殆どフラット。ただ、30%以上が未舗装かブロック敷きで、ロードバイクではかなり厳しい。むしろ、MTB系のクロスバイクが望ましいかな。そういえば、すれ違う地元のバイクの殆どがMTBだったっけ。
お天気に恵まれたせいもあるが、ネッカー川の美しさには魅了されるばかりでした。
普通の旅なら車なら、川沿いを眺めながら走行するなんてことはないでしょう。クルーズの船旅なら船上から景色を眺めながら楽しめるでしょう。でも、自転車ならそれ以上に、好きに立ち止まり、風をじかに感じ、先々の街を楽しめます。
多分、来年も「ドイツサイクルーズ」の企画をすると思います。是非、参加してご自身で体験して見て下さい。
ドイツサイクルーズ記念写真
近々にドイツで撮り溜めた動画を編集してUPします。オランダサイクルーズ2009同様、見・て・ね!

スポンサーサイト

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。