旅行レポート
今まで催行してきたアドベンチャー的な旅行のレポートです。国内や海外で見たこと、聞いたこと、出あった事、感じた事をつづっています。
プロフィール

ヒシダスポーツ観光株式会社

Author:ヒシダスポーツ観光株式会社
京都発信で、「サイクリング」や「スキー」「乗馬トレッキング」など色々な楽しいアドベンチャー的な旅行を企画催行しています。このブログでは今まで印象に残った出来事や場所をを紹介しています。興味を抱かれた方は是非下記のアドレスから覗いて見てください。
http://www.hs-tours.co.jp



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台風18号 災害ボランティア
災害ボランティア
今回は、自転車のお話ではありません。
先日催行した「九頭竜川サイクリングツアー」が、幸運にも「台風18号」の災禍からは免れましたが、全国的にも甚大な被害を被られた方が沢山おられました。
去る、9月21~23日の3日間で「京都府社会福祉協議会」が中心となって、「災害支援ボランティア」が募集されました。
9月22日は「綾部里山サイクリング」の開催予定で、私はサイクリングツアーの募集チラシを配布すべく予定を入れておりましたが、あえなく中止となったため、私の家内の提案で22日のボランティアに参加して参りました。
新聞の募集記事から電話にて申込ました。この時点では名前を告げるだけです。集合場所と時間のみ指示されました。持参品などの案内はありません。強いて言えば「ボランティア保険」なるものに加入が必要で、専用サイトから申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、当日係員に渡すだけと言う簡単な手続きで、掛け金(300円)も不要でした。
とりあえず、軍手とマスクとタオル・弁当・水分だけは持って行こうと準備をして、集合場所の京都駅八条口に指定の7時45分に合わせて向かいました。
受付の係員さんに、名前を確認してもらいましたが、活動先は「南丹」「福知山」「舞鶴」の3方面で、我々は「舞鶴3号車」と指示されました。駐車場内を自身で探し当て乗り込みます。
ボランティアバスの構成は殆どが小~中型車で、大型では狭い地区に入れないための配慮だそうです。
バスに乗り込んでみると、殆どが20代と思われる人達で、私たちの隣は現役の女子高生。家内も「日本もなかなか捨てたもんやないな!」なんて言っていますが、4~50代の私たちは結構浮きまくっていましたっけ。
バスは8時10分に出発しましたが、いきなり連休の中日だけあって渋滞に巻き込まれてしまいます。災害で困っている人もいれば、そんな状況にも拘わらず行楽を楽しむ人も多いんですね。
舞鶴のボランティアセンターに到着したのは10時半。ここで仮説のトイレで用を足したり着替えたりします。そして号車ごとに各被災地区への割り当てを受け向かいます。
我々の割り当て地区は、由良川沿いの「大川集落」。センターからは15分程度で到着します。途中から眺められる由良川の河川敷は、水が引いたとはいえかなりの残骸が泥に混じって目につきます。
大川地区には11時20分に到着。時間が中途半端で外気は暑いため、車内で持参の弁当を開き12時まで待機。そのうちに、長靴を持ってきていない人のために長靴が配布されます。水分も結構持参しましたが、現地でもかなり配給を受けることが出来ました。
12時半頃ようやく、被災された家屋に向かい作業が開始されました。作業内容は、平屋家屋の床上にあるがれきの運び出しです。ただ、運び出すだけなのに20人掛かりで2時間半。
被災時はすでに誰も住んでいなかったらしく、他地域で生活されている息子さんらしき方の指示で被災物を運び出しますが、畳から布団や台所まわりの一切合切が対象で、うかつにも「冷蔵庫」を開けた瞬間、強烈な臭気で気を失いそうに…。家屋のまわりの庭にも漂流物が絡み付いています。
水位の跡もくっきりと水位が一階のここまで…
床の間から掛け軸や高価そうな陶磁器も出てきましたが、「すべて運び出し」と言うことで躊躇無く処分の為に運び出しましたが、実際、身内や家族で作業を行うには「思い入れ」のありそうなものばかりで処分の判断は付けかねただろうと思われます。
水没したビニールハウスビニールハウスも無惨に…
家財を運び出した後は床板に水をまいてデッキブラシで泥をこそぎます。
午後3時前に作業は終了しましたが、そのころには参加者には不思議な一体感が芽生えていました。
京都の府立T羽高校の生徒さんや岡山から新幹線に乗って駆けつけた大学生グループ。西本願寺に宗務所職員で構成された皆さん達。皆さんお疲れ様でした。
西本願寺宗務所チーム本願寺さんのおそろいのシャツ
集会所で長靴の泥を落とし、やがて戻ってきたバスに乗り込み現地を後にします。
ボランティアセンターに戻り、トイレや着替えを済ませ、慰労の「豚汁」「菓子パン」「お茶」を頂き、京都駅に向かって帰っていきました。
お土産は一日の作業でお世話になった「長靴」。
次回の参加の際は、持参しろって言う事かな?


スポンサーサイト

テーマ:ボランティア活動 - ジャンル:福祉・ボランティア

九頭竜川下りサイクリングツアー
九頭竜川下りサイクリングツアー
残暑も峠を越え今度は台風が気になりだした9月の連休。14~15日の日程で「九頭竜川下りサイクリングツアー」が催行されました。
大阪・京都を出発したバスは、名神から東海北陸自動車道と乗り継ぎ、白鳥ICを降り岐阜と福井県の県境にある「油坂峠(標高約750m)」からサイクリングスタート。
渋滞でスタートは遅れたものの、本日は約55km程度。しかも下り。のんびり行きましよう。
先ずは、下って九頭竜湖畔。湖畔を軽くUP&DOWNしながら、やがて、「九頭竜ダム」に到着。この辺りのダムは、北の「御母衣(みほろ)ダム」や「小鳥(おどり)ダム」と同じく「ロックフィルダム」と呼ばれる現地の岩石を積み上げたダムで、規模は非常に壮大になる。
そんなダムを横目で見ながら下りを駆け下りていきます。
この日の先導者(私)の自転車は、新車です。前月のツアーの終わり掛けに宣言した「次回お会いするときは”フルカーボン”の自転車です。」が宣言通りGIANTのフルカーボンになったんです。
そんな新車が坂道を駆け下っていきます。
新流星号

そちこちで、野生の猿が我々を眺めています。新車はあっという間に時速50km超え。抑えて抑えて…
およそ20kmほど下ったところで、恐竜のモニュメントが出迎えてくれる「道の駅 九頭竜」に到着。
いきなり「岩魚の塩焼き」が目に飛び込んできた。う~旨そう…。恐竜の前で記念写真を撮ろうと声が掛かるが、お腹を減らして少々凶暴気味になっているH村氏が、「そんなん後にしてさっさと食事しようよ!」とブツブツ宣われてましたっけ。
私とH村氏はさっさと麺類を注文し、出来上がるまでの間に隣の産直店で弁当を購入。私は、名物の「舞茸うどん」に「ソースカツ丼弁当」。H村氏は「山菜蕎麦」に「舞茸ごはん」。いずれにしても炭水化物&炭水化物。隣のテーブルでは、K畑氏が件の「岩魚の塩焼き」の串を片手に貪っています。
道の駅から本日の宿泊先「越前勝山市」までは残り30km少々。走り出して直ぐにのんびりペースにしびれを切らした健脚組はとっとと抜いて視界から遠ざかっていきます。
この辺りはフラットと下りが続く楽勝コース。木立に覆われた深淵の九頭竜川が右に左に交差して、景観を楽しませてくれます。標高が下がって少々暑く感じだしてる頃に時折谷の隙間から冷気が降りてきて…なんて気持ちいいの?
「下唯野」から「六呂師」方面に右折し、「JR下唯野」の無人駅の踏切を渡ると、「白山ワイナリー↑」の看板が順次現れて来ました。
勿論、ワイナリーを目指しますが、最後のおよそ1kmは…今回一番の「登り」。
喘ぎ喘ぎ登り切ると、対向で健脚組がワイナリー方向からやって来て、すれ違いざまに「もう試飲無いわー!」なんて宣いながら我々が喘ぎ上ってきた坂を下っていきます。
ワイナリーでは4年前に来た頃と違い「試飲」はたっぷりと振る舞ってくれます…が、我々は自転車。グッと…想像に任せます。でも、ラズベリーソースの掛かったプリンって美味しかったなあ。
お土産用や今晩の夕食用にそれぞれお気に入りのワインを購入。健脚組は何を買っていったか聞くと、M川氏がワインや葡萄ジュースを購入し発送の手続きをされたとのこと。思わず「それの送り先住所をうちに書き換えられませんか?」って。
やがて、「勝山城」が見えてきました。自転車で中に入るも駐車場から入り口までの約200mがスロープになっており、人の迷惑顧みず入り口前まで行き着きました。しかも入館料がいるとのことで、拝観せず駐車場横の売店で「ジャージー牛乳」で喉を潤しホテルまで残り500mを下りゴール。
健脚組はスタート時に伝えた「時間があれば”平泉寺”でも…」という言葉を真に受けて、行ってみればなかなかの急坂。結構過酷だったらしい。
予定の17時には全員無事投宿出来ました。
本日のお宿は「勝山ニューホテル」。自転車はロビーの隅又は各自の部屋に持ち込みOK!部屋は全員ツインのシングル利用。今回はプチ贅沢しちゃいました。勿論、各部屋にバストイレは付いていますが当社のコンセプトは大浴場があることが条件なのでこれもクリア。
夕食は、「会席料理」と言うことで結構満足の行くものでした。当然ビールや焼酎も「飲み放題払い放題」で賑やかに一日目が暮れていきましたとさ。

二日目は、目覚めると「雨・雨・雨…」。憂鬱な思いで朝食会場へ…。本日のプランとしては、いきなりのサイクリングはやめて、先ず、バスで「恐竜博物館(車で約10分)」を見学に行く。Y本氏が予めこの日が「無料デー」であることを調べておられたので、堂々と大手を振って入館。
中は結構広く展示もダイナミックです。
見学は一時間の予定でしたが、雨が止み模様だったので慌ててホテルに戻りサイクリングの準備をして出発します。
いざ出発と言うところで、また雨が降り出しましたが、走り出して15分程で雨が止んでくれました。こうなるとサイクリングって楽しいものですね。特に、「越前鉄道」沿いはフラットな上に車輌の少ないのんびりコース。ただ、まだ雨具を来たままで「永平寺口」辺りで脱ぐまでサウナ状態でした。
「鳴鹿橋」を渡り河川敷沿いを走りますが、ここから亀さん組は「越前鉄道」の「サイクルトレイン」を利用するべく健脚組とまたまた分かれます。健脚組が遠ざかって行く先に河川敷下に「鮎茶屋」を発見。「塩焼きの一本も食べたい!」というK原さんのご要望で、亀さん組のK原さん・O堀さん・H田さんと私は吸い込まれるように店に入っていきます。そして注文したのは…2000円のコース料理に「越前蕎麦」を各自追加。確かに鮎は美味しかったよ!蕎麦もしゃっきりして美味しかったよ!でも、こんな所でゆっくりグルメに浸っていてはいつまで経ってもゴールに着きやしない。
結局、食後は最寄りの「松岡駅」に向かい残りの約30kmをサイクルトレインで「端折る」ことになりました。松岡駅からゴール近くの「三国港駅」迄は@790円ですが「一日乗り放題」は@800円とのこと。でも、それ以上利用することは無いので通常の乗車券。自転車の載せ込みは@200円。
間もなく電車が来るので改札を済ませ、反対側のホームへ渡ります。愛嬌のある駅員さんがお手伝いしてくれます。
越前鉄道 松岡駅
車輌への自転車の載せ込みは最後部の扉から。駅員さんから預かったゴムバンドで軽く固定します。
越前鉄道車内
「三国港駅」への到着は14:25頃。14:10に健脚組がゴールしたとの連絡が入りました。
亀さん組は駅を降りて約5分でゴールの「ゆあぽ~と」に到着しましたが、このころに雨が降り出しました。到着後お風呂で汗を流して、早々に出発したかったんですが、ここで遅めの食事をされる健脚組の料理のでてくるのが…遅っ!
結局1時間以上遅れて出発。ここでの一時間は2時間位の遅延帰着となります。しかも雨足が弱くなる様子もなく、駅からの帰宅の道程がちょっと憂鬱。
でも、皆さん雨の中でも元気に帰って行かれました。皆さんお気を付けてお帰り下さい。

帰宅後も延々と降り続ける雨。翌日の水害を目にして、我々はなんてラッキーだったんだうと感じる2日間の旅でした。

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行

あずみ野&乗鞍岳2013
あずみ野&乗鞍岳2013
あずみ野を行く

異常に暑い都会を抜け出して「あずみ野&乗鞍岳サイクリングツアー」が催行されました。
大阪・京都を抜け出したバスは信州は白馬の標高約850mの「白馬乗鞍スキー場」に到着。
早速、自転車を準備して出発。「塩の道」と呼ばれる「千国街道」を辿っていきます。
緩い坂を下ると「栂池高原」。少々坂を喘いで上がったら、後は本日のゴール「大町温泉」迄は下りとフラットが続きます。「栂池」から「岩岳」を抜けると、「長野オリンピック」のメモリアル「八方尾根」のジャンプ台を見学。「佐野坂」の坂を登り切ると、そこは「仁科三湖」の北端。「青木湖」の湖畔林道を走りますが、木立に囲まれ「塩の道(千国街道)」を実感。「木崎湖」「中綱湖」を通過してようやく「大町温泉郷へ後3km」の表示が現れました。
「大町温泉」の宿舎「黒部観光ホテル」には予定より1時間程遅れて到着しました。遅れたのは偏に先導者である私のパンク(しかも2回)が原因です。皆さんごめんなさい。
ホテルでは、自転車は貴重品として、大広間が提供され安心安心。
大町温泉のお湯に浸って、夕食はホテル自慢の「バイキング」。「鹿バーガー」迄あって、誰かさんは翌日の昼食にとこっそり持ち出しておられたっけ…。
あずみ野 集合写真
2日目はあずみ野を松本まで下り、「梓川」を遡上して「新島々」迄を走行。
広~い、あずみ野をの~んびり進みます。途中道草を喰って「ジャンセン美術館」でCoffee brake。
ジャンセン美術館でコーヒーブレイク
「穂高駅」前から「早春賦」の歌碑を訪ね、「大王わさび園」を見学。ここにはかつてのNHKの朝の連ドラ「おひさま」に出てきた「三連水車」のせせらぎがあります。そこから、「あずみ野ワイナリー」に立ち寄り夕食用のワインを購入し、隣のドライブインで昼食。
昼食後、穂高駅から松本市内迄延びる「安曇野~松本自転車道」に乗り「松本城」を目指します。
松本まで続くあずみ野のサイクリングロード
この自転車道、所々で一般車道と交差しており、誠に残念なことにここでアクシデントが発生しました。
先導者である私自身が左から来た乗用車にぶつかられてしまいました。あと、少しで道路を渡りきると言う瞬間でした。身体自身は車両には触れてませんが、自転車の後輪部分にノーブレーキでぶつかられ、その場で転倒。右腕と脛に擦過傷を負いました。
暫くしてから、警察と救急車がやってきて、私は自転車ごと救急車に運ばれて行きました。
結局、他の参加者の皆さんは先導者無しで~松本~新島々迄サイクリングを続行して頂きましたが、本当に申し訳なさで一杯でした。
病院での検査で、擦過傷と腕の筋が延びた程度の診断で大事に至りませんでしたが、その後タクシーで警察で調書を済ませ新島々で皆さんと合流することが出来ました。
新島々からはバスに乗り込み、今宵の宿泊地「乗鞍高原温泉」に向かいましたが、この日も予定の到着時間がすっかり遅くなってしまいました。皆さん、本当に申し訳ありませんでした。
宿舎は「眺峰館やまや」と言う当社の常宿です。温泉は隣の有名な「白骨温泉」と同じ硫黄泉の白濁湯の掛け流しです。お湯は良かったのですがシャワーの出が悪かったのが玉に瑕。
夕食には、「馬刺し」や「手打ち蕎麦」まで、結構満足のいくものでした。
3日目は、今回のハイライト「乗鞍岳アタック」です。ここで、標高は1440m。目指すは17km先の標高2700mの乗鞍山頂です。
先ずは、あまりおもしろくない、ベース~三本滝間をバスでカット。三本滝から半数の方がスタートします。他の方はバスが出るまでの50分を利用して「三本滝」までお散歩。
50分のビハインドをとってバスは「エコーライン」を山頂に向かいます。バス車内では「こんな坂がきついんや!」「バスで良かった」なんて言葉が飛び交います。
やがて森林限界越えた標高2000m辺りから、視界が開け参加者のアタック組がちらほら現れてきました。ここまで来ると誰も「バスに乗せてくれ!」なんて言いません。
「大雪渓」地点まで来ると、岐阜県側の「スカイライン」分岐まで2km足らず。バス組はここからスタートされます。ただ、自転車のディレーラーの調子の悪いH村さんは登りを諦め歩いて分岐まで行かれました。後で聞いた話によるとH村さんは途中にいた山岳警備員から「この辺りで先日”熊”が出たので気を付けるように」注意されたそうです。
乗鞍岳山頂付近分岐点
分岐からは「スカイライン」を通って、「飛騨高山」迄の約40kmの下りとなります。
ここで、三本滝から山頂まで走破された方をご紹介しますと、Y口ご夫妻/N田氏/H尾氏/U田さんの5名様でした。ご走破おめでとうございます。
高山へ向かう途中、またまたトラブルが発生。Y口ご夫妻の奥様が道路の窪みにタイヤをとられて転倒。救急車が呼ばれ、高山赤十字病院に搬送(途中、Drヘリ)されましたが、不幸中の幸いで大事に至らず軽い脳震盪と擦過傷で済んだそうです。
他の皆さんは予定通り高山市内に到着。あらかじめお願いして開店時間を早めてもらった「銭湯」で汗を流され、予定通りの出発時間が近づいた頃に、Y口ご夫妻から連絡が入り「検査が終わった」とのことで、帰路についたバスで病院に立ち寄り、全員揃って帰ることが出来ました。

動くものに事故はつきものですが、安全に心を配るのは言うまでもありませんが、大事に至らぬよう祈るばかりです。皆さんも走行の際は呉々も気をお付けください。

皆さんとの別れ際「(自転車が全損の為)今度、お会いするときは”フルカーボン”の自転車に乗ってます。」と宣まいましたが、はてさて如何なったでしょうか?請うご期待…!

今回の参加者のお一人S賀氏のブログがUPされておられます。
写真も多く掲載されておられます。是非、ご入室くださいませ。
因みに今回の掲載画像はS賀氏の提供です。

http://sagahide.blogspot.jp/search/label/%E4%B9%97%E9%9E%8D%E3%81%B8

テーマ:自転車旅行 - ジャンル:旅行





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。